FC2ブログ
NEXUSRESORT HAPPY LIFE
NEXUSRESORT,S.A.U.より スペインのこと・日本のこと

プロフィール

spain-nexus

Author:spain-nexus
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バル BAR



BARと書いてスペイン語で「バル」と読みます。いわゆる英語で読むと日本にも馴染みのあるバーという発音になるので、おおよそどんな場所なのかは予想がつくかと思います

日本のバーと趣きが異なるのは、朝から夜まで開いていて、朝はコーヒーとクロワッサンなどの朝食が食べれるし、昼はランチ、夕方には食前酒代わりの一杯飲める、スペイン人の1日の生活の中に溶け込んだ欠かせない存在というところです。

また、お店によって特徴があり、バルを転々と巡るには面白いです

最近特に気に入っているバルが、イワシの専門のバル"La Plata"
ビールや樽から注いでくれるワインを飲みながら、アツアツのイワシのから揚げが食べれます

001_convert_20130131014126.jpg

La Plata
Merce,28
10-15:30,18:30-23:00


スポンサーサイト

レストラン Caelis



グランピア・デ・レ・コルツ・カタラネス通りに位置する1919年創業のクラシックホテル。
「Palace hotel」

ミシュラン2☆レストラン "Caelis"

ロココ調の内装でとても素敵なレストランです。
不景気が手伝って、ワインもデザート、コーヒーまで付いて39ユーロというビジネスランチを始めました

006_convert_20130126193533.jpg

最後のプティフルまで!!
サービスも雰囲気もお料理も☆☆☆☆☆です。
不景気も悪いことだけじゃない・・・かも!?

009_convert_20130126194000.jpg

Caelis
Hotel Palace,Gran Via Corts Catalanes 668

ティビダボの丘



バルセロナは地中海に面した港町ですが、平地の面積はそれほど広くなくて、ほど近くに
小高い山が控えています。
海と丘とが共存している印象の街です

バルセロナの一番の高台が標高535mのティビダボの丘になります。

頂上には1901年オープンと100年以上の歴史を有するスペイン最古の遊園地。

IMG_20121231_133028187_convert_20130116194802.jpg

サレジオ会の創設者のために建てられたサグラット・コール教会(Temple del Sagrat Cor)があります。
この教会、あまりガイドブックでは紹介されていないですが、内部はモザイク装飾の素晴らしい素敵な教会でした。

securedownload_convert_20130116201243.jpg

教会内のエレベーター(有料)に乗ると、塔の上まで上れます。
鳥瞰図のようにしてバルセロナ市内を一望出来ます

IMG_20121231_133359935_convert_20130116194450.jpg



スペイン年越し

newyears eve


スペインでは年明けを告げる午前0時の鐘の音に合わせ、1回鳴るごとに1粒ずつ、計12粒のブドウを食べる風習が100年近く続いているそうです。

きちんと食べ切れれば願い事がかなうと言われていて、マーケットには大晦日用の12粒に小分けさえれた葡萄が並びます。

意外と鐘の音が早いので、3,4個食べ進めてくると葡萄が呑み切れなくて12個食べきるのは難しいです

サグラダファミリア 塔

サグラダファミリアの見どころは教会内部ももちろんですが、サグラダファミリアには生誕の門と、入り口側の受難の門という2つの門があり、それぞれに約100メートルの4本の塔があります。生誕の門なら隣接する2本に、受難の門なら1つの塔にエレベーターで上ることができます。
017_convert_20130109013856.jpg

塔からは街の景色が見渡せるだけでなく、下からではよく見えない塔 についたオブジェの彫刻物をすぐ真近に見る事が出来ます!!
019_convert_20130109014353.jpg

巻貝をイメージした塔 内の螺旋階段も体験できます。
036_convert_20130109014831.jpg


ガウディは、事故に合う直前に、生誕の門の4つの塔の頂上についた丸い飾りを見て、「バルセロナの港に着く船乗りが、バルセロナの土地で最初に目にするものだろう」と言ったそう。事実、この塔からは遥か港までしっかり見渡すことができます
018_convert_20130109014135.jpg


サグラダファミリア


明けましておめでとうございます

バルセロナが誇る建家アントニオ・ガウディが、生涯をかけて取り組んだ未完の教会、サグラダファミリアです。

1883年から、路面電車に轢かれ亡くなる1926年まで、住みかをサグラダファミリア内に移してまで、ガウディがエネルギーを注いだと言われる大作です。

これまで、完成される日は来ないかもしれない……と言われていましたが、一転して2年くらい前から2026年完成が目標だと言われ、現在地元スペインを中心とする200名以上もの人が工事に携わり、急ピッチで建設が進められています。2010年には祭壇のあるメイン部分が完成したため、ローマ法王を招いてミサが行われました。

008_convert_20130109013413.jpg




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。