FC2ブログ
NEXUSRESORT HAPPY LIFE
NEXUSRESORT,S.A.U.より スペインのこと・日本のこと

プロフィール

spain-nexus

Author:spain-nexus
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ぶどうふみふみ

いつもお世話になっているバルセロナのワイナリーさんで
ぶどうを踏むところからできるワイン作り体験ツアーをさせていただける事になりました!!
ワイナリー


こちらのワイナリーさんは、ワイナリー見学はもちろん、
ウエディングの挙式会場としても使わせていただいてます。
ワイナリー挙式



地元の子供連れの家族にも大人気!
子供はぶどうを踏むのが楽しくて、汚れてもへっちゃら!
ぶどう踏み体験

その後、大人は優雅に素敵なおつまみでワインやカバを試飲
ぶどう踏みツアー食事

バルセロナ市内から日本語アシスタントが同行し、行き帰りはお車での移動なので楽ちんです。

1年にこの時期だけ!9月限定のツアーなので、この時期行かれる方はぜひ!!

詳しくは
http://www.spain-nexus.com/person/local.html#season09
弊社HPでご確認くださいヾ(・∀・)ノ

スポンサーサイト

ワイナリー/El Celler de Avgvstvs-Forvm




バルセロナから南に約40km離れたところにペネデス(Penedés)というカタルーニャ地方の中でも屈指のワインの産地があります

古代ローマ人の影響を残しており、古くからぶどうの栽培とワイン造りが行われてきました。
現在では、大小合わせて約188のワイナリーがペネデスの地域にあると言われています

今回訪れたEl Cellar de Avgvstvs-Forvmは、家族経営の小さなワイナリーです。

DSCF4219_convert_20160217222406.jpg


面白いのは、このワイナリーにはスペインを代表するレストランが好んで使っている上質なビネガー(酢)も造っています。
ワインテイスティングと共に、このビネガーもテイスティングをすることができます。

今まで特に気にも留めていなかったビネガーについて説明を受けて味わってみると、ただただツンと酸っぱいだけのビネガーと全く違うものだということがわかります
ビネガーもワインと同様、ブドウの種類・熟成期間によって口当たりが変化するそうです。


35年前、何もない土地から築き上げ、今ではみんなに愛されるワインと最高級のビネガー作りに多大な情熱を注いてきたオーナーからの説明は心を打つものがありました

DSCF4193_convert_20160217221640.jpg

ネクサスリゾートでは、ワイナリーEl Cellar de Avgvstvs-Forvmを訪れるツアーをご案内しています。

DSCF4217_convert_20160217222254.jpg


是非、お問合せください
ネクサスリゾートHP
www.spain-nexus.com

バルセロナオフィス・井上



カヴァ(CAVA)



Cava(カヴァ)は、フランスのシャンパンと同じ製法で作られた、スペインのスパークリングワインのことです

バルセロナから車で約1時間弱のところにペネデスという地域があります。
この辺りの土壌は石灰石でできていて、発泡性ワインを作るブドウの生産に適しているといわれていて、Cavaの生産が盛んに行われています。

葡萄液を発酵させるのは、樽ではなくて瓶詰め後、瓶の中で行います。

185_convert_20150620002907.jpg

Cavaはシャンパンや他の地域のスパークリングワインに比べて、安価で、かつ質と価格のバランスがとてもいいです

暑い夏に喉を潤すにはぴったりですよ

バルセロナオフィス 井上



スペインワイン プリオラート2

chinqueterrepriorat+359_convert_20120918161024.jpg

ワインに対する想いを熱~く語ってくれています。

丁度、ブドウの収穫時期だったので間近で見学。

chinqueterrepriorat+387_convert_20120919042431.jpg

プリオラートの土壌は薄い粘板岩で覆われています。
これを砕いてブドウの根の部分に敷き詰めています。
ミネラル分が土を通ってブドウへ浸透するそうです。また夏は大変な暑さになります(45℃、46℃とか(゜o゜)!)この薄い板があることによって土の温度上昇に歯止めを効かせてくれるのだそう。

chinqueterrepriorat+380_convert_20120919042832.jpg


最後は勿論、たっぷりの愛情と手間暇がかかったワインを美味しく頂きました(*^_^*)

chinqueterrepriorat+455_convert_20120918161637.jpg


スペインワイン プリオラート

chinqueterrepriorat+378_convert_20120918163058.jpg

スペインには日本に知名度こそ低いですが、おいしいワインがわんさかあります。

バルセロナから車で約2時間。
スペイン北東部にあるカタルーニャ自治州タラゴナ県のプリオラートのワイナリーを訪れました。

山の中腹にあるワイナリーへのアクセスは普通の車では入れないほど狭くてガタガタ道が続きます。
ブドウ栽培面積は1800ヘクタールのみだそう。

この地域にブドウを持ち込んだのは、12世紀この地に移り住んだ修道院たちでした。
「プリオラート」という名前はこの地域に存在する7つの村が修道院で最も地位の高い “PRIOR”に
従属していたことに由来すると言われています。
当時からこの地域のワインは大変有名で名声が高く、
“VINS DEL PRIORAT”(プリオラートワイン)として知られていました。

プリオラートは19世紀終りにフィロキセラ害虫に襲われ、ブドウ園は全滅。
地域は大変貧しくなり、 他所に移り住む住民が増え過疎化が進みます。

しかし、1950年代、昔の上質なワインを造ろうと熱意を持った醸造家がプリオラートに戻り、
最近ではフランス種のブドウを栽培し、土着ブドウとの素晴らしいコンビネーションが生まれています。
現在では世界的にも大変有名な“新しいプリオラートワイン”が造られています。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。