FC2ブログ
NEXUSRESORT HAPPY LIFE
NEXUSRESORT,S.A.U.より スペインのこと・日本のこと

プロフィール

spain-nexus

Author:spain-nexus
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コスタブラバBlanes




IMG_3159_convert_20180621190122.jpg

カタルーニャ屈指のリゾート地コスタ・ブラバの入り口にBlanesという町があります.。
車がないとアクセスが難しいコスタブラバに列車で簡単にアクセスできるうれしい町です

バルセロナからほんの少し郊外に出ただけで海の色もなんだか空気も違うような気がします

72616d85-97d4-4386-a6fb-59ab56f93011_convert_20180621185951.jpg


海辺は遊歩道になっており、それに沿って多くのシーフードレストランが並びます。

旧市街はコンパクトで歩きやすく、ローマ時代からの建造物がまだ残ります。

1fd83bef-626c-49b2-be7c-6e70fc9de09a_convert_20180621185925.jpg


スポンサーサイト

CASA VICENS




2005年にユネスコの世界遺産に登録されたCasa Vicens (1883-1885)はグラシア地区にあります。緑色と白いタイルで覆われた東洋とムデハル様式が混じった不思議な建物です。

この建物は、当時証券取引所で働いていたManuel Vicens とMontaner によって夏の別荘として依頼をされたものでした。ガウディにとってはバルセロナで初めての建設した建物になります。
この建物は、今までカタルーニャで作られてきた建物の様式を覆す革新的で独創的な作品でした。ガウディの芸術的キャリアの出発点で、モデルニズモの最初の傑作のひとつだと考えられています。

ガウディは自然の中からインスピレーションを感じ作品に反映させていきました。
この建物も同様で、家の外だけでなく、様々な装飾芸術(タイル、絵画、陶器、壁画など)の統合を通して、内部空間と外部空間の連続性を作り出していきました。

391ee89d-6b38-4b32-b2eb-f14730797f37_convert_20180522224448.jpg

aa8980d3-7e9a-44cc-a329-1b8d828ac51a_convert_20180522224611.jpg

2e7e477d-aef7-4ed2-a5fd-7f161fa1d79e_convert_20180522224517.jpg

CasaVicensに見られるエキゾチズムは当時のバルセロナのエリートたちに熱狂をもたらしましたと言われています。
このCasaVicensは去年より博物館として一般公開されています。

38877ff3-0b02-4205-9613-1fef29290b1a_convert_20180522224851.jpg

4a9b1747-e35a-4dfc-a061-3bff2c4d99e7_convert_20180522224831.jpg



CASA VICENS
最寄り駅(地下鉄):L3-Fontana、L6-Sant Gervasi、L7-PlaçaMolina
(バス)22,24,27,32,87,92,114、V17
時間
毎日午前10時から午後8時まで|休館日:12月25日、1月1日、6日




中世の町 バザルー


IMG_2680_convert_20180517200638.jpg

バルセロナとフランスの丁度中間くらいにバザルーという中世時代の建物がそのまま残った町があります。

IMG_2685_convert_20180517200817.jpg

10世紀ごろ丘の上に町が作られたそうで、町の入り口には大きな橋がかけられています。
この地域は、カタルーニャの中でも雨が多いので緑が多くのどかな風景に囲まれています。

IMG_2702_convert_20180517201511.jpg

町全体をつかって現代アートが飾られていたりして、散歩の中にもいろいろ発見があり面白いです。

もちろん、レストランやカフェも充実しています。
IMG_2698_convert_20180517202006.jpg

このあたりで作られているラタフィアという果実酒。
ブランデーがベースで、果物(緑クルミ、レモンピール、チェリー、赤いカーネーション)、ハーブ(ミント)、スパイス(クローブ、ナツメグ、シナモン、ブランブルブランチ)などが漬け込まれたお酒です。口当たりは甘くて飲みやすいです





タイル

何気なく歩いているバルセロナ町ですが、見落とされがちな歩道や床ですが様々な模様や形のタイルがちりばめられています。
1906年にバルセロナ市議会で歩道の5つのデザインが決められました。

その中でも最も古い花のデザイン
花

現在バルセロナのシンボルとしても人気があり、お土産品にも用いられています

それ以外にもグラシア通りの歩道で用いられている6角形のタイルはアントニオ・ガウディがデザインしたものでヒトデ・化石や藻類が描かれています。

ガウディ_convert_20180419230755

現在一番新しいデザインは2008年に設置されたバルセロナの頭文字のBを象ったものになります。

Bタイル

サンタクルス病院のモザイク

タイルHospital_Snata_Creu_convert_20180419230839
17世紀のタイルモザイクの床です。

20世紀初めに作られたリセウの床

タイル リセウ

カフェテリアGranja M.Viaderの店内の床もきれいなデザインが施されています。

cafe_convert_20180419231331.jpg

こちらはガイドブックにも必ず紹介されますジョアン・ミロの作品です。

miro_convert_20180419231350.jpg
ミロが1968年に新し空港ターミナルの壁画を請け負った際に、空中からもバルセロナに訪れる人達を歓迎する為に作成したと言われています。
バルセロナで一番観光客が多い道のランブラス通りの中央にあります。

Via Laietana 69 番辺りの歩道を見てみると、1935年にJoan Cabreizoが作成した日時計を見つける事が出来ます。その時代のバルセロナの紋章と一緒に商売の神様が描かれています。

日時計_convert_20180419230905

バルセロナの街はたくさんの秘密が隠されていますよ

ドラゴン探し

バルセロナの街には約400匹のドラゴンがいると言われています🐲

ヨーロッパでは、ドラゴンは悪・悪魔のシンボルと解釈されてきました。また、アジア諸国では、天と地を繋ぐ存在で太陽や豊かさを人生に運ぶと解釈されていました。
バルセロナでは、ドラゴンは友愛・街の守り神のような意味合いを持っていたようです。
20世紀の後半、多くブルジョア階級はドラゴンのデザインを好んで自身の建造物や芸術作品に付けました。
それによって今でも様様な場所で多くのドラゴンを目にする事が出来ます。
いつもより目線を高くするとドラゴンに会えるかもしれません✨✨

*ゴシック地区

写真1_convert_20180124202059

市庁舎広場とカテドラルを繋ぐ中世時代がそのまま残った小径があります。
そこには聖人サンジョルディがドラゴンを殺す画を見る事できます。

*Casa de les Punxes

写真2_convert_20180124202116

屋根部分にサンジョルディとドラゴンのモザイクを見る事が出来ます。
現在、この建物は博物館になっています。

*Espanya Industrial

gespanyaindustrial8_convert_20180124203201.jpg

サンツ駅近くの公園です。1974年にバスク人の彫刻家によって作られたダイナミックなドラゴンがあります。

*グエル公園

写真4

このドラゴンはとても有名かと思います。グエル公園の写真スポットとして多くの人が集まっています。

*グエル別邸

写真5_convert_20180124202205

Sarria地区にあるグエル別邸の門もドラゴンがイメージされています。

それ以外にも、ドアノブや窓の冊子など身近なところにも隠れていますヨ!

写真6

写真7





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。