NEXUSRESORT HAPPY LIFE
NEXUSRESORT,S.A.U.より スペインのこと・日本のこと

プロフィール

spain-nexus

Author:spain-nexus
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



タイル

何気なく歩いているバルセロナ町ですが、見落とされがちな歩道や床ですが様々な模様や形のタイルがちりばめられています。
1906年にバルセロナ市議会で歩道の5つのデザインが決められました。

その中でも最も古い花のデザイン
花

現在バルセロナのシンボルとしても人気があり、お土産品にも用いられています

それ以外にもグラシア通りの歩道で用いられている6角形のタイルはアントニオ・ガウディがデザインしたものでヒトデ・化石や藻類が描かれています。

ガウディ_convert_20180419230755

現在一番新しいデザインは2008年に設置されたバルセロナの頭文字のBを象ったものになります。

Bタイル

サンタクルス病院のモザイク

タイルHospital_Snata_Creu_convert_20180419230839
17世紀のタイルモザイクの床です。

20世紀初めに作られたリセウの床

タイル リセウ

カフェテリアGranja M.Viaderの店内の床もきれいなデザインが施されています。

cafe_convert_20180419231331.jpg

こちらはガイドブックにも必ず紹介されますジョアン・ミロの作品です。

miro_convert_20180419231350.jpg
ミロが1968年に新し空港ターミナルの壁画を請け負った際に、空中からもバルセロナに訪れる人達を歓迎する為に作成したと言われています。
バルセロナで一番観光客が多い道のランブラス通りの中央にあります。

Via Laietana 69 番辺りの歩道を見てみると、1935年にJoan Cabreizoが作成した日時計を見つける事が出来ます。その時代のバルセロナの紋章と一緒に商売の神様が描かれています。

日時計_convert_20180419230905

バルセロナの街はたくさんの秘密が隠されていますよ
スポンサーサイト

サン・ジョルディ


バルセロナの生活の中で、一番好きな日を挙げるとしたらサン・ジョルディの日を挙げる人が多いのではないでしょうか?
日本でいうバレンタインデーのイベントに近い日になります。
男性は女性にバラを、女性は男性に本を贈るので、街中にバラの花と本で埋め尽くされます。必ずしもパートナーや好きな人に送る必要はなく、例えば、子供はお母さんバラを贈ったり、友人同士で本を贈り合ったりしたりしますので、プレゼントする相手については自由です。
この日は、祝日ではありませんが多くの人が外に出て雰囲気を楽しみます

サン・ジョルディの歴史は世界中でよく知られるものですが、彼はバルセロナの守護聖人にあたり、多くのモニュメントを街中で見かける事が出来ます。

4月23日(月)になります。

IMG_5321_convert_20180413193033.jpg

IMG_5322_convert_20180413191810.jpg



セマナサンタ 2018


英語圏でいうイースターの事をスペイン語圏では、セマナサンタと呼んでいます。
イースターの時期は、毎年変動しますが、今年は3月29日から4月2日にあたり、スペイン中で多くのイベントが行われます。また多くの人がこの祝日を利用して旅行に出かける大型連休でもあります

セマナサンタの中で最も重要な日は、Domingo de Ramosと呼ばれる日曜日です。
この日はバルセロナでは、シュロの葉っぱやオリーブの枝を持った人たちが教会へ行き、祝福をします。
言い伝えによれば、このオリーブの枝は悪霊や魔女から家を守ると言われており、家の扉に飾られます。

semana1.jpg


食事はキリスト教の伝統として、金曜日は肉類は食べません。バルセロナではタラを食べてお祝いをします

デザートにはモナ・デ・パスクアと呼ばれる卵が飾られたケーキやディズニーのキャラクタ―やサッカー選手を模したチョコレート菓子が食べられます。
元々このお菓子は、アラブとローマから伝わった伝統的なお菓子で卵で飾られたドーナツ型のものでした。それが今日では、地元のお菓子屋さんがモナを楽しむ為に改良して今の形になったと言われています。

mona1_convert_20180329192436.jpg

この時期のお菓子屋さんやパン屋さんのショーウィンドウは芸術的なモナが飾られますので見るだけでも楽しい気分になります。

また、この休暇中、基本的には商店や一部の博物館・美術館は営業しませんのでご注意ください
一方、レストランは、多くの家族や観光客の為に営業するところがほとんどになります。

バルセロナ郊外を訪れる事が出来る人は、是非Cerveraもしくは、Vergesの町へ行くことをお勧めします。

Vergeの町では、木曜日の夜に死のダンスが行われます💀中世時代からの伝統で骸骨の服をきて踊ります。

Dansa_de_la_Mort_de_Verges_2009_convert_20180329192413.jpg

また、Cerveraでは、300人以上のエキストラを動員してキリストの受難のシーンの演劇が行われます。

日本では馴染みのない宗教行事ですが、スペインでは各都市いつもと違った伝統的な雰囲気を楽しめる期間です


花のイベント@ポブレエスパニョール




来週から始まるセマナサンタの連休に併せて、バルセロナでは多くのイベントが行われる予定です

モンジュイックの丘にあるポブレエスパニョールでも春らしい花のイベントが行われます。

3月29日-4月2日の期間は、敷地内が季節の花で飾られます。

hana1_convert_20180323234021.jpeg


ポブレエスパニョールは1929年のバルセロナ万博の際に作られたヨーロッパで4番目の大きさのスペイン村になります。
実際の建築様式を用いて建てられたミニチュアの街で、1日でスペイン中を歩く事が出来ます

hana3_convert_20180323234110.jpg


イルミネーションフェスティバル




ここ数年、街の整備がされて変貌を遂げているPoble Nou地区でイルミネーションフェスティバルが行われました
このフェスティバルは今年で7回目を迎え、PobleNouの各モニュメントにプロのアーティストとインテリアを勉強している学生が中心になり作品を発表しました。

IMG_20180217_192224_convert_20180219194341.jpg

IMG_20180217_200724_HDR_convert_20180219194429.jpg

IMG_20180217_214457_HDR_convert_20180219194552.jpg